≪業界初≫泉質表付き温泉レポート!地球の恵み「温泉」にこだわりぬいた、全国各地の源泉かけ流しの温泉宿を巡った実レポートをご紹介。

温泉とは?

1948年(昭和23年)に”温泉法”が制定された。
その中で「温泉とは、地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く)で、 別表に掲げる温度又は質を有するもの」と定められた。
その”別表”には、「温泉」の条件は、温度(温泉源から採取された時の温度)が25℃以上。
そして、もうひとつの物質の条件で、以下に掲げるもののうち、いずれか一つが入っていれば「温泉」となる。

溶存物質(ガス性のものを除く) 総量1000mg以上
遊離炭酸 250mg以上
リチウムイオン 1mg以上
ストロンチウムイオン 10mg以上
バリウムイオン 5mg以上
フェロ又はフェリイオン 10mg以上
第一マンガンイオン 10mg以上
水素イオン 1mg以上
臭素イオン 5mg以上
沃素イオン 1mg以上
ふっ素イオン 2mg以上
ヒドロひ酸イオン 1.3mg以上
メタ亜ひ酸 1mg以上
総硫黄 1mg以上
メタほう酸 5mg以上
メタけい酸 50mg以上
重炭酸そうだ 340mg以上
ラドン 20(百億分の1キュリー単位)以上
ラジウム塩 1億分の1mg以上


つまり、温度が25℃以上であれば文句なく「温泉」。
25℃未満でも上記の物質のいずれかが規定の数値以上あれば「温泉」。
温度の条件か、19項目の物質の条件のどちらかが満たせば「温泉」となる。
また、別の言い方をすれば、地中から湧出する温水が25℃以上であれば、上記物質が入っていなくても「温泉」となるのだ。

何か、納得のいかないような部分があるが、これが「温泉法」なのだ。

 

もうひとつの「温泉」の定義 〜療養泉〜

先に、温泉源から採取される温度(25℃以上)の条件と、19の物質のひとつでも入っていれば・・・という条件のいずれかがクリアされれば「温泉」であると述べた。「温泉法」という法律によるものである。

しかし、「温泉」と似た様な単語の「鉱泉」とは、何なのだろうか?
現在、環境省のHPに掲載されている「鉱泉分析法指針」を見ると、細部に渡って分類しているが分かる。
そこには、「鉱泉」の定義として、「地中から湧出する温水および鉱水の泉水で、多量の固形物質、またはガス状物質、もしくは特殊な物質を含むか、あるいは泉温が、源泉周囲の年間平均気温より常に著しく高いもの」と謳っている。

これだけ見れば、温泉=鉱泉となる。
しかし、「鉱泉」は、泉温によって分類している。

25℃未満の場合 冷鉱泉
25℃以上34℃未満 低温泉
34℃以上42℃未満 温泉
42℃以上 高温泉

「温泉法」でいう「温泉」の定義は25℃以上。
しかし、「鉱泉分析法指針」によると、34℃以上42℃未満となるから、いささかややこしくなる。



また、液性の分類というのもある。

pH(ペーハー)3未満 酸性
pH3以上6未満 弱酸性
pH6以上7.5未満 中性
pH7.5以上8.5未満 弱アルカリ性
pH8.5以上 アルカリ性


「鉱泉分析法指針」によれば、その「温泉」の中でも、もうひとつ上のグレードとも言える「療養泉」という定義が存在する。
源泉から摂取される時の温度が、25℃以上。
そして下記の物質のうち、ひとつでもクリアしていれば「療養泉」となるのだ。

溶存物質(ガス性のものを除く) 総量1,000mg以上
遊離二酸化炭素 1,000mg以上
銅イオン 1mg以上
総鉄イオン 20mg以上
アルミニウムイオン 100mg以上
水素イオン 1mg以上
総硫黄 2mg以上
ラドン 30(100億分の1キュリー単位)以上

そしてこの「療養泉」のみ、泉質名が付けられる。
物質条件は8項目あるが、これがいわゆる泉質名を決める根拠となるのだ。

また視点を変えると、「療養泉」に成りえなかった「温泉」も存在することになる。
つまり、「泉質名を持たない温泉」もあるということなのだ。
その場合、泉質名を「その他の温泉」「温泉法上の温泉」と表記するところもあるようだ。

このように、「温泉法」と、環境省による「鉱泉分析法指針」という、2つの”法則”があるため、 非常に分かりにくいところがあるのは否めない。
また、「温泉法」は、非常に”ユルイ”規定となったため、ほとんど真水と変わらない「温泉」が、数多く日本に登場することになった。
日本全国、どこでも旅行と言えば「温泉」を求める日本人という国民性が、この法律を誕生させたのだと、容易に想像できるのだ。


泉質一覧


宿名・キーワード検索

地域検索

条件別検索

 

おすすめリンク

「貸切温泉どっとこむ」
全国の貸切露天風呂や露天風呂付客室のある宿を厳選して掲載。憧れの宿から穴場の隠れ家宿まで、温泉旅館ツウが現地取材した実録レポートを収録。

温泉コンシェルジュの宿紹介

RSS表示パーツ

 

貸切温泉どっとこむ企画編集 温泉コム株式会社 東京都渋谷区渋谷3-6-2/03-5485-1311(代)
広告・キャンペーンのお問合せ 株式会社ブローアップ 東京都渋谷区渋谷3-6-2/03-5485-1151(代)