≪業界初≫泉質表付き温泉レポート!本物の温泉宿へ現地取材、実際に入浴した体験談、成分表を徹底解剖、それぞれの温泉パワーを詳しく解説。

温泉分析ガイド

ここでは、泉質による特徴の見分け方をご紹介します。

泉質について

以下で一般的な適応症と禁忌症、各泉質別の適応症と禁忌症をご紹介します。

温泉の一般的適応症

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、 慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進

温泉の一般的禁忌症

急性疾患、(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、 出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(とくに初期と末期)

単純温泉この泉質の宿一覧

温泉水1kg中の溶存物質量(ガス性のものを除く)が、1,000mgに満たなく、湧出時の泉温が25℃以上のものです。 この内で、pH8.5以上のものを「アルカリ性単純温泉」と呼んでいます。
肌触りが柔らかく、癖がなく肌への刺激が少ないのが特徴で、アルカリ性単純温泉は、入浴すると肌が「すべすべ」する感触があるのが特徴です。

適応症

一般的適応症に準ずる

禁忌症

一般的禁忌症に準ずる

二酸化炭素泉この泉質の宿一覧

温泉水1s中に遊離炭酸 (二酸化炭素)を、1,000mg以上含むものです。入浴すると全身に炭酸の泡が付着し て爽快感があるのが特徴です。ただし、泉温が高いものや加温をすると炭酸ガスが揮散する場合があります。
飲用すると炭酸の爽やかな咽越しが楽しめます。

適応症

(浴用)高血圧症、動脈硬化症、切り傷、やけど

(飲用)慢性消化器病、慢性便秘

禁忌症

(浴用)一般的禁忌症に準ずる

(飲用)下痢のとき

炭酸水素塩泉この泉質の宿一覧

温泉水1s中の溶存物質量(ガス性のものを除く)が1,000mg以上あり、陰イオンの主成分が炭酸水素イオン(HCO3-)のものです。
陽イオンの主成分により、ナトリウム−炭酸水素塩泉、カルシウム−炭酸水素塩泉、マグネシウム−炭酸水素塩泉などに分類されます。
カルシウム−炭酸水素塩泉、マグネシウム−炭酸水素塩泉などに分類されます。
カルシウム−炭酸水素塩泉からは、石灰質の温泉沈殿物・析出物が生成されることがあります。

適応症

(浴用)慢性皮膚病、切り傷、やけど

(飲用)糖尿病、痛風、肝臓病、慢性消化器病

禁忌症

(浴用)一般的禁忌症に準ずる

(飲用)腎臓病、高血圧症、一般にむくみがあるとき、甲状腺機能亢進症のときヨウ素を含有する温泉は禁忌

塩化物泉この泉質の宿一覧

温泉水1s中に溶存物質量(ガス性のものを除く)が1,000mg以上あり、陰イオンの主成分が塩素イオン (Cl-)のものです。
日本には比較的多く見られる泉質で、陽イオンの主成分により、ナトリウム−塩化物泉、カルシウム−塩化物泉、マグネシウム−塩化物泉などに分類されます。
塩分が主成分となっているので、飲用すると塩辛く、塩分濃度が濃い場合やマグネシウムが多くなると苦く感じられます。

適応症

(浴用)慢性婦人病、虚弱児童、慢性皮膚病、切り傷、やけど

(飲用)慢性消化器病、慢性便秘

禁忌症

(浴用)一般的禁忌症に準ずる

(飲用)腎臓病、高血圧症、一般にむくみがあるとき、甲状腺機能亢進症のときヨウ素を含有する温泉は禁忌

硫酸塩泉この泉質の宿一覧

温泉水1s中に溶存物質量(ガス性のものを除く)が1,000mg以上あり、陰イオンの主成分が硫酸イオン (SO42-)のものです。
陽イオンの主成分により、ナトリウム−硫酸塩泉、カルシウム−硫酸塩泉、マグネシウム−硫酸塩泉などに分類されます。

適応症

(浴用)動脈硬化症、慢性皮膚病、切り傷、やけど

(飲用)糖尿病、痛風、肥満症、胆石症、慢性胆嚢炎、慢性便秘

禁忌症

(浴用)一般的禁忌症に準ずる

(飲用)下痢のとき

含鉄泉この泉質の宿一覧

温泉水1s中に総鉄イオン(鉄Uまたは鉄V)を20r以上含有するものです。 陰イオンによって炭酸水素塩型と硫酸塩型に分類されます。温泉が湧出して空気に触れると、 次第に鉄の酸化が進み赤褐色になる特徴があります。
また、鉄の含有量が20rに達していない場合は、炭酸水素塩泉や硫酸塩泉等に分類されますが、 鉄の酸化によって温泉水の色は含鉄泉と同様に赤褐色 になったり、鉄分が少ない場合は茶褐色・緑褐色・黄褐色等になることがあります。

適応症

(浴用)月経障害

(飲用)貧血

禁忌症

一般的禁忌症に準ずる

含銅−鉄泉この泉質の宿一覧

温泉水1kg中に銅イオン(Cu2+)を1mg以上含有する鉄泉のこと。 湧出後の酸化により、温泉が黄色、赤色を示すのが特徴。

適応症

(浴用)慢性皮膚病のほか一般的適応症

(飲用)慢性消化器病

禁忌症

一般的禁忌症に準ずる

含アルミニウム泉この泉質の宿一覧

温泉水1s中にアルミニウムイオン(Al3+)を100mg以上含有するものです。陰イオンの主成分が硫酸イオン(SO42-)の場合は、 アルミニウム−硫酸塩泉(明礬泉)と呼ぶこともあります。

適応症

(浴用)慢性皮膚病のほか一般的適応症

(飲用)慢性消化器病

禁忌症

一般的禁忌症に準ずる

硫黄泉この泉質の宿一覧

温泉水1s中に総硫黄2r以上含有するものです。 単純硫黄型と硫化水素型に大別され、日本では比較的多い泉質です。 タマゴの腐敗臭に似た特有の臭いは、硫化水素によるものです。

適応症

(浴用)硫黄型・・・慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷、糖尿病

(浴用)硫化水素型・・・高血圧症、動脈硬化症、慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷、糖尿病

(飲用)糖尿病、痛風、慢性便秘

禁忌症

(浴用)皮膚、粘膜の過敏な人、とくに光線過敏症の人(硫化水素型)

(飲用)下痢のとき

酸性泉この泉質の宿一覧

温泉水の1kg中に水素イオン(H+)を1mg以上含有しているものです。多くの場合は、遊離の硫酸や塩酸の形で含まれ、強い酸性を示します。

適応症

(浴用)慢性皮膚病のほか一般的適応症

(飲用)慢性消化器病

禁忌症

(浴用)高齢者の皮膚乾燥症

(飲用)下痢のとき

放射能泉この泉質の宿一覧

温泉水1s中にラドンを30×10-10キュリー以上 (8.25マッヘ以上)含有しているものです。
放射能というと人体に悪影響を及ぼすと考えがちですが、レントゲン等の放射線量よりずっと少ない量 となっています。
ごく微量の放射能は、むしろ人体に良い影響を与えることが実証されています。

適応症

(浴用)動脈硬化症、痛風、胆石症、慢性胆嚢炎、慢性婦人病、慢性皮膚病

(飲用)痛風、胆石症、慢性胆嚢炎、慢性消化器病

禁忌症

一般的禁忌症に準ずる


泉質一覧


宿名・キーワード検索

地域検索

条件別検索

 

おすすめリンク

「貸切温泉どっとこむ」
全国の貸切露天風呂や露天風呂付客室のある宿を厳選して掲載。憧れの宿から穴場の隠れ家宿まで、温泉旅館ツウが現地取材した実録レポートを収録。

温泉コンシェルジュの宿紹介

RSS表示パーツ

 


新旧泉質名対照表

以下の表で、新旧の泉質名を対照させておりますのでご参考ください。

掲示用
泉質名
旧泉質名 新泉質名 略記泉名
@単純温泉 1.単純温泉 単純温泉、アルカリ性単純温泉  
A二酸化
炭素泉
2.単純炭酸泉 単純二酸化炭素泉 単純CO2泉
B炭酸水素
塩泉
3.重炭酸土類泉

(a)純重炭酸土類泉
(b)含炭酸−土類泉
(c)含食塩−重炭酸土類泉
(d)含芒硝−重炭酸土類泉

4.重曹泉
(a)純重曹泉
(b)含炭酸−重曹泉
(c)含食塩−重曹泉
(d)含芒硝−重曹泉
(e)含食塩・芒硝−重曹泉
(f)含土類−重曹泉
カルシウム(・マグネシウム)−炭酸水素塩泉

カルシウム(・マグネシウム)−炭酸水素塩泉
含二酸化炭素−カルシウム(・マグネシウム)−炭酸水素塩泉
カルシウム(・マグネシウム)・ナトリウム− 炭酸水素塩・塩化物泉
カルシウム(・マグネシウム)・ナトリウム− 炭酸水素塩・硫酸塩泉

ナトリウム−炭酸水素塩泉
ナトリウム−炭酸水素塩泉
含二酸化炭素−ナトリウム−炭酸水素塩泉
ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉
ナトリウム−炭酸水素塩・硫酸塩泉
ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉
ナトリウム・カルシウム(・マグネシウム)− 炭酸水素塩泉
Ca(・Mg)-HCO3泉

Ca(・Mg)-HCO3泉
含CO2-Ca(・Mg)-HCO3泉
Ca(・Mg)・Na-HCO3・Cl泉
Ca(・Mg)・Na-HCO3・SO4泉

Na-HCO3泉
Na-HCO3泉
含CO2-Na-HCO3泉
Na-HCO3・Cl泉
Na-HCO3・SO4泉
Na-HCO3・Cl・SO4泉
Na・Ca(・Mg)-HCO3泉
C塩化物泉 5.食塩泉
(a)純食塩泉
(b)含炭酸−食塩泉
(c)強食塩泉
(d)弱食塩泉
(e)含重曹−食塩泉
(f)含芒硝−食塩泉
(g)含芒硝−重曹−食塩泉
(h)含塩化土類−食塩泉
(i)含土類−食塩泉
(j)含土類・石膏−食塩泉
(k)含臭素・食塩泉
(l)含ヨウ素−食塩泉
(m)含臭素・ヨウ素−食塩泉
(n)含ホウ酸−食塩泉
ナトリウム−塩化物泉
ナトリウム−塩化物泉
含二酸化炭素−ナトリウム−塩化物泉
ナトリウム−塩化物強塩泉
ナトリウム−塩化物泉
ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉
ナトリウム−塩化物・硫酸塩泉
ナトリウム−塩化物・硫酸塩・炭酸水素塩泉
ナトリウム・マグネシウム(・カルシウム)−塩化物泉
ナトリウム・カルシウム(・マグネシウム)− 塩化物・炭酸水素塩泉
ナトリウム・カルシウム−塩化物・炭酸水素塩 泉・硫酸塩線
ナトリウム−塩化物泉
ナトリウム−塩化物泉
ナトリウム−塩化物泉
ナトリウム−塩化物泉
Na-Cl泉
Na-Cl泉
含CO2-Na-Cl泉
Na-Cl強塩泉
Na-Cl泉
Na-Cl・HCO3泉
Na-Cl・SO4泉
Na-Cl・SO4・HCO3泉
Na・Mg(・Ca)-Cl泉
Na・Ca(・Mg)-Cl・HCO3泉
Na・Ca-Cl・HCO3・SO4泉
Na-Cl泉
Na-Cl泉
Na-Cl泉
Na-Cl泉
D硫酸塩泉 6.硫酸塩線
(a)純硫酸塩泉
(b)正苦味泉
(c)芒硝泉
(d)石膏泉
(e)含食塩−芒硝泉
(f)含食塩−石膏泉
(g)含食塩−正苦味泉
硫酸塩泉
硫酸塩泉
マグネシウム−硫酸塩泉
ナトリウム−硫酸塩泉
カルシウム−硫酸塩泉
ナトリウム−硫酸塩・塩化物泉
カルシウム・ナトリウム−硫酸塩・塩化物泉
マグネシウム・ナトリウム−硫酸塩・塩化物泉
SO4泉
SO4泉
Mg-SO4泉
Na-SO4泉
Ca-SO4泉
Na-SO4・Cl泉
Ca・Na-SO4・Cl泉
Mg・Na-SO4・Cl泉
E含鉄泉 7.鉄泉
(1)炭酸鉄泉
(a)単純炭酸鉄泉
(b)含炭素・鉄泉
(c)土類炭酸鉄泉

ア.純土類炭酸鉄泉

イ.含食塩−土類炭酸鉄泉

ウ.含芒硝−土類炭酸鉄泉

(d)重曹炭酸鉄泉

ア.純重曹・炭酸鉄泉

イ.含食塩−重曹炭酸鉄泉

ウ.含芒硝−重曹炭酸鉄泉

エ.含食塩・芒硝−重曹炭酸鉄泉


オ.含土類−重曹炭酸鉄泉


(e)含食塩−炭酸鉄泉


(f)含硫酸塩−炭酸鉄泉


8.緑礬泉
(a)単純緑礬泉
(b)酸性緑礬泉
(c)含ヒ素緑礬泉
(d)含明礬・緑礬泉
鉄泉
(鉄(U)−炭酸水素塩泉)
単純鉄(U)泉(炭酸水素塩型)
含鉄・二酸化炭素−カルシウム−炭酸水素塩泉
カルシウム(・マグネシウム)・鉄(U)−炭酸水素塩泉または
 含鉄(U)−カルシウム(・マグネシウム)−炭酸水素塩泉
カルシウム(・マグネシウム)・鉄(U)−炭酸水素塩泉または
 含鉄(U)−カルシウム(・ マグネシウム)−炭酸水素塩泉
カルシウム(・マグネシウム)・ナトリウム・鉄(U)−炭酸水素塩・塩化物泉または
 含鉄(U)−カルシウム(・マグネシウム)・ナト リウム−炭酸水素塩・塩化物泉
カルシウム(・マグネシウム)・ナトリウム・鉄(U)−炭酸水素塩・硫酸塩泉または
 含鉄(U)−カルシウム(・マグネシウム)・ナト リウム−炭酸水素塩・硫酸塩泉
ナトリウム・鉄(U)−炭酸水素塩泉または含鉄(U)−ナトリウム−炭酸水素塩泉

ナトリウム・鉄(U)−炭酸水素塩泉または含鉄(U)−ナトリウム−炭酸水素塩泉

ナトリウム−鉄(U)−炭酸水素塩・塩化物泉または含鉄(U)−ナトリウム−炭酸水素塩・ 塩化物泉

ナトリウム・鉄(U)−炭酸水素塩・硫酸塩泉または含鉄(U)−ナトリウム−炭酸水素塩・ 硫酸塩泉

ナトリウム・鉄(U)−炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉または
 含鉄(U)−ナトリウム−炭酸 水素塩・塩化物・硫酸塩泉

ナトリウム・カルシウム(・マグネシウム)・鉄(U)−炭酸水素塩泉または
 含鉄(U)−ナトリウム・カルシウム(・マグネシウム)−炭 酸水素塩泉

ナトリウム・鉄(U)−塩化物・炭酸水素塩泉 または
 含鉄(U)−ナトリウム−塩化物(・炭 酸水素塩)泉

ナトリウム・鉄(U)−硫酸塩・炭酸水素塩泉 または
 含鉄(U)−ナトリウム−硫酸塩(・炭 酸水素塩)泉

(鉄(U)−硫酸塩泉)
単純鉄泉(硫酸塩型)
酸性−鉄(U)−硫酸塩泉
鉄(U)−硫酸塩泉
アルミニウム・鉄(U)−硫酸塩泉または
含鉄(U)−アルミニウム−硫酸塩泉
Fe泉
(Fe(U)-HCO3型)
単純Fe(U)泉(HCO3型)
 含Fe(U)・CO2-Ca-HCO3泉
Ca(・Mg)・Fe(U)-HCO3泉
 含Fe(U)-Ca(・Mg)-HCO3泉
Ca(・Mg)・Fe(U)-HCO3泉
 含Fe(U)-Ca(・Mg)-HCO3泉
Ca(・Mg)・Na・Fe(U)-HCO3・Cl泉
 含Fe(U)-Ca(・Mg)・Na-HCO3・Cl泉
Ca(・Mg)・Na・Fe(U)-HCO3・SO4泉
 含Fe(U)-Ca(・Mg)・Na-HCO3・SO4泉
Na・Fe(U)-HCO3泉
 含Fe(U)-Na-HCO3泉
Na・Fe(U)-HCO3泉
 含Fe(U)-Na-HCO3泉
Na・Fe(U)-HCO3・Cl泉
 含Fe(U)-Na-HCO3・Cl泉
Na・Fe(U)-HCO3・SO4泉
 含Fe(U)-Na-HCO3・SO4泉
Na・Fe(U)-HCO3・Cl・SO4泉
 含Fe(U)-Na-HCO3・Cl・SO4泉

Na・Ca(・Mg)・Fe(U)-HCO3泉
 含Fe(U)-Na・Ca(・Mg)-HCO3泉

Na・Fe(U)-Cl・HCO3泉
 含Fe(U)-Na-Cl(・HCO3)泉

Na・Fe(U)-SO4・HCO3泉
 含Fe(U)-Na-SO4(・HCO3)泉

(Fe(U)-SO4泉)
単純Fe(U)泉(SO4型)
酸性-Fe(U)-SO4泉
Fe(U)-SO4泉
Al・Fe(U)-SO4泉
 含Fe(U)-Al-SO4泉
F含アルミニ
ウム泉
例えば
含明礬・緑礬泉

アルミニウム・鉄(U)−硫酸塩泉または
含鉄(U)−アルミニウム−硫酸塩泉

Al・Fe(U)-SO4泉
含Fe(U)-Al-SO4泉
G含銅−鉄泉 例えば
含銅・酸性緑礬泉

酸性−含銅・鉄(U)−硫酸塩泉

酸性・含Cu・Fe(U)-SO4泉
H硫黄泉 9.硫黄泉
(1)硫黄泉
(a)単純硫黄泉
(b)含食塩−硫黄泉
(c)含食塩重曹−硫黄泉
(2)硫化水素泉
(a)単純硫化水素泉
(b)酸性硫化水素泉
(c)土類硫化水素泉
ア.含食塩−土類硫化水素泉
イ.含石膏−土類硫化水素泉
(d)重曹硫化水素泉
ア.重曹硫化水素泉
イ.含芒硝−重曹硫化水素泉
(e)塩化物硫化水素泉
ア.食塩硫化水素泉
イ.塩化土類硫化水素泉
ウ.含重曹−食塩硫化水素泉
エ.含石膏−食塩硫化水素泉
(f)硫酸塩硫化水素泉
ア.石膏硫化水素泉
イ.含食塩−芒硝硫化水素泉
ウ.含食塩−石膏硫化水素泉
硫黄泉
硫黄泉
単純硫黄泉
含硫黄−ナトリウム−塩化物泉
含硫黄−ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉
硫黄泉(硫化水素型)
単純硫黄泉(硫化水素型)
酸性−含硫黄・(ナトリウム)−硫酸塩泉(硫化水素型)
含硫黄−カルシウム(・マグネシウム)−炭酸水素塩泉(硫化水素型)
含硫黄−カルシウム(・マグネシウム)・ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉(硫化水素型)
含硫黄−カルシウム(・マグネシウム)−炭酸 水素塩・硫酸塩泉(硫化水素型)
含硫黄−ナトリウム−炭酸水素塩泉(硫化水素型)
含硫黄−ナトリウム−炭酸水素塩泉(硫化水素型)
含硫黄−ナトリウム−炭酸水素塩・硫酸塩泉(硫化水素型)

含硫黄−ナトリウム−塩化物泉(硫化水素型)
含硫黄−カルシウム(・マグネシウム)−塩化物泉(硫化水素型)
含硫黄−ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉(硫化水素型)
含硫黄−ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫 酸塩泉(硫化水素型)

含硫黄−カルシウム硫酸塩泉(硫化水素型)
含硫黄−ナトリウム−硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)
含硫黄−カルシウム・ナトリウム−硫酸塩・塩 化物泉(硫化水素型)
S泉
S泉
単純S泉
含S-Na-Cl泉
含S-Na-Cl・HCO3泉
S泉(H2S型)
単純S泉(H2S型)
酸性-含S(Na)-SO4泉(H2S型)
含S-Ca(・Mg)-HCO3泉(H2S型)
含S-Ca(・Mg)・Na-HCO3・Cl泉(H2S型)
含S-Ca(・Mg)-HCO3・SO4泉(H2S型)
含S-Na-HCO3泉(H2S型)
含S-Na-HCO3泉(H2S型)
含S-Na-HCO3・SO4泉(H2S型)

含S-Na-Cl泉(H2S型)
含S-Ca(・Mg)-Cl泉(H2S型)
含S-Na-Cl・HCO3泉(H2S型)
含S-Na・Ca-Cl・SO4泉(H2S 型)

含S-Ca-SO4泉(H2S型)
含S-Na-SO4・Cl泉(H2S型)
含S-Ca・Na-SO4・Cl泉(H2S型)
I酸性泉 10.酸性泉
(a)単純酸性泉

単純酸性泉

単純酸性泉
J放射能泉 11.放射能泉 単純弱放射能泉
単純放射能泉
含弱放射能−○−○泉
または含放射能−○−○泉
単純弱Rn泉
単純Rn泉
含弱Rn−○−○泉
含Rn−○−○泉


貸切温泉どっとこむ企画編集 温泉コム株式会社 東京都渋谷区渋谷3-6-2/03-5485-1311(代)
広告・キャンペーンのお問合せ 株式会社ブローアップ 東京都渋谷区渋谷3-6-2/03-5485-1151(代)